Copyright © 2020 Your Tax Matters, LLC

 

YTM Internal - YTM Staff Only

Members

Contact Us

Your Tax Matters, LLC

2101 E Broadway Road, Suite 33
Tempe, AZ 85282
Tel: (480) 894-6478
Fax: (480) 646-3200

Email: contact@yourtaxmatters.com

ASBA Logo
Accreditation Council Logo
NSA Logo

年金対策

 

 

当社では、アメリカの各種年金プランを取り揃えて、お客様が安心してすごせる生涯プラン設計のお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

サービス内容 Q&A

Q:

だいたいの退職年金額を計算する方法が知りたい。

十分な退職年金があるかどうかを調べるための指標としては、各生命保険会社や年金会社のいわゆるSPIA(Single Premium Immediate Annuity)の率を使うことが一番のお勧めですが、この率は各会社、各製品によって違います。
最もシンプルな方法として、現在の年金(Annuity)の年齢による平均支払い率を使ってみましょう。例えば、65歳で5%、70歳で5.5%が一般の率ですから、この考え方で計算しますと、1ミリオンあれば65歳で年間5万ドルの年金をもらえることになります。70歳でしたら年間に5万5千ドル。これが生涯引き出せる額と考えてみれば、大体の計算とメドが付いて便利です。

A:

Q:

希望年収を達成するための時間給を簡単に計算するには?

例えば、年収4万ドルを貰うには、時間給にしていくら貰えばよいでしょうか?フルタイムで働いた場合、週40時間、年50週働くと仮定しますと、時間給に2000倍をかければ年収がでます。ですから4万ドルを2で割り、ゼロを3つ取り除いて、時給20ドルだと4万ドルの年収、とわかります。同様に、時給額が25ドルなら、それを倍にして、1000を掛けて、年収5万ドル、時給が75ドルでしたら年間15万ドルの年収です。ではパートで週20時間働くとしたらどうでしょうか?時給に単に1000を掛けて、30ドルの時給だったら、3万ドルの年収となります。

A:

Q:

複利の成長額の簡単な見積もり方法が知りたい。

複利計算法72の法則というものがあり、72を年間利率で割ると、倍額になるのにかかる年数が計算できます。例えば、年間6%の成長率で投資しますと、72÷6=12で、倍の資産になるのに約12年かかるという計算方法です。年間4%ですと、72÷4=18で約18年間、年間8%では72÷8=9で、約9年間で倍の資産に増えるという事です。では資産を10年間で倍にするためには、何%の複利の利子率が必要でしょうか。72÷10=7.2で、約7.2%の利子率で倍になる計算です。

A: